当社は、昭和22年6月に群馬県渋川市に株式会社群馬粉化工所として創業いたしました。その後、お米の粉に着目し寒梅粉や上新粉など、その製造・販売が始まりました。それから今日まで65余年、多くの先人たちの努力により、逐次その業容を拡大しつつ今日を迎えることができました。

大切にしていることは、人材育成と商品開発です。

企業は人なり。社員は会社の財産です。誠実さとやる気を備え、能力を最高に生かし切れる人材が多くいれば、企業は健全に成長を続けられます。向上心を大切にした人を育てて財産とする人財育成は企業を発展させるとともに企業の永続性につながると考えます。

商品開発は伝統の中に最新技術を取り入れ、和・洋菓子用粉や様々なミックス粉を開発していくことで米粉を使用した美味しいお菓子や食品が世の中にたくさん増えていく事を望みます。

今後も原料メーカーとして黒子に徹し、影から顧客の皆様を支えることが基本です。長年蓄積してきた知識と技術を土台にしたモノづくりに取り組む一方で伝統に甘んじることなく、トレーサビティーの明確な原料のみを使用し安定供給と安全性の確保、さらに粘度や粒度など品質面で、お客様のニーズに合わせた原料を提供することに全力を挙げてまいります。今後とも、皆様のさらなるご指導ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

        
         
群馬製粉株式会社 代表取締役 山口 博之